理念と特徴
教育目標
心身の調和的な発達を図り、健全な心身の基礎を培い、
健康で明るい子どもの育成につとめる。
豊かな情操を養い、のびのびとした表現活動を通じて、
創造性の豊かな子どもの育成につとめる。
基本的生活習慣と正しい社会的態度を育て、
いつでも相手のことを考える思いやりのある
子どもの育成につとめる。 理念と特徴
めざす園児像
123


幼稚園の特徴
自然観察と体験学習
自然観察と体験学習

【園外保育】

春・秋の遠足とは別に、自然との触れ合いや、新しい体験を求めて、年間5〜6回の園外保育を計画しています。大切な感性を育て、好奇心を刺激し、目で確かめ、手で触れる喜びを味わうことで豊かな心情を育てています。

【栽培の体験学習】

幼稚園の畑での、じゃがいも・さつまいも・大根などの栽培は、保育カリキュラムにも位置づけられていて、栽培体験を通しての勤労の喜びを味わうとともに、とりいれ後に行われるパーティなどで、食を通しての感謝を捧げることと相俟って、大切な心の教育と考えています。

知能教育のモデル幼稚園 理念と特徴

【めんたるぷれい】

大脳生理学の発達とともに大脳の成長の顕著な幼児期に、脳の機能を刺激することによって、知能がどんどん伸びることが実証されてきました。カリフォルニア大学のギルフォード博士の知能構造論や、幼児心理学の研究に基づいた教材を使って、毎週1回を原則としますが、(園行事の都合で、月2〜3回の時もある。)クラス毎に「ちのうあそび」を実施しています。
  ※共同研究を進めているモデル幼稚園が宮城県内に6園あります





体育の重視 理念と特徴

【体育教室】

体育の専門教師による体育指導を、保育時間内に実施しています。運動を通して能力を伸ばすとともに、集団行動の喜びや助け合いや思いやりの心を育て、約束を守ることや頑張りのある子に育てたいと考えています。







Copyright 2009 学校法人蒲生学園 しらとり幼稚園. All Rights Reserved.